新卒社員座談会
~新入社員のリアルボイス~

2020年度入社の新卒社員が体感している
「フロントディール」について、
あれこれ本音で語ってもらいました。

大木 萩乃

大木 萩乃

PRマーケティング事業部 第二営業局[2020年度立教大学卒業]

廣本 渚

廣本 渚

PRマーケティング事業部 第一営業局[2020年度フェリス女学院大学卒業]

新卒社員が明かす本音!
なぜベンチャー企業の
フロントディールが良かったのか?
フロントディールには、新卒社員でも大きな裁量権をもって、さまざまなことにチャレンジできる、
のびのびとした社風があります。2020年度に新卒で入社した社員たちが、どんな夢と希望を持って
入社し、仕事を通してどう成長しているのか。2人の社員が今の素直な気持ちを語ってくれました。
新卒社員

私がフロントディールを 選んだ理由

廣本:私は就活をしているときから、ベンチャー企業で裁量をもって働きたいと考えていて、そんなときにフロントディールと出会いました。社長と同じデスクで仕事ができる規模感、人をとても大切にする文化、常に変化を求められるという仕事の面白さに惹かれたんです。そして、常に新しいことに挑戦したいと熱い思いを伝え、ありのままの自分を評価していただいたため、入社を決意しました。

新卒社員

大木:自分から何かをつくったり行動を起こすことが好きだった私にとって、失敗を責めない環境を持つフロントディールは、楽しく前向きに仕事を頑張れる場所だと感じ入社を決めました。あと、最終的な決め手は「人柄」です。面接を通して毎回新しい学びがあり、面接官の方や前田社長との会話を通して、仕事だけではない人生におけるみなさんの価値観に強く共感して、今ここにいます。

新卒社員

入社して、社内の雰囲気や 社風はどうですか?

廣本:私が感じるのは、一人一人の個性をみんなが受け入れ、それぞれの強みを生かしていくことで全体の生産性が上がっている雰囲気がありますね。実際に、上司に質問をすると「こういった方法もあるよ」「これについては○○さんにも聞いてみたらいいよ」といった返答をもらいます。決まりきった答えに沿うのではなく、自ら考えまずやってみるという経験を積むことができるので成長にもつながっています。

大木:私は失敗を責めない環境や、わからないことを率直に聞きやすい環境は非常にありがたいと感じています。あとは、プライベートと仕事の境目を分けたい人もそうでない人も、過ごしやすい環境が整っていると思います!

成長できると感じる 瞬間ややりがいは?

廣本:私は、自らの行動から次につながる学びを得られたとき成長している手ごたえを感じます。細かく教わってから動くよりも、動きながら覚えていくことが多いので、トライ&エラーを繰り返しながらその過程でも自分の成長を感じることができます。また、行動に対してすぐにフィードバックしてもらえるので、その都度自分の考えをアップデートしていく事ができ、自分の行動から学び、次につなげていくことができます。

新卒社員

大木:私は、新しいことにどんどん挑戦させてもらえるときに成長できると感じます。インターンも含めて、仕事をする日は毎日必ず新しい発見と学びがありますね。失敗を責めない環境、わからないことをいつでも聞きやすい環境、新しいことへの挑戦の後押しをしてくれる会社で本当にありがたいです。

新卒社員

入社してから苦労したことや 失敗したこと。 その経験を通して学んだことは?

廣本:テレアポを通して、常に改善意識をもつことの重要性を学びました。
入社2ヶ月目の頃、新卒の業務としてテレアポが始まりました。始めた当初は、ありがたいことに連日アポを取得することができ、同期の中ではアポ取得率No.1に輝きました。ですが、そのわずか1か月後には同期が次々とアポを取得していく中、思うようにアポがとれず商談の数も少なくなっていきました。この原因について考えた際に改めて気づいたことが、現状に満足=停滞ということでした。この経験から得た学びを通して、現状に満足せず、日々改善することを意識しています。

大木:失敗したことはたくさんありますが…(笑)一例としては、入社後ほぼ初めて自分でやり取りを担当していたクライアントの要望を、きちんと把握できていなかったことです。入社後思った以上に早く案件を任せていただくようになり、担当として案件を動かしていく主体性に欠けていて、いつまでも上司の指示を仰いでいた自分に気が付きました。この経験を通して、まだまだ新卒ではあるものの、常に自分の意見をもってリーダーシップを発揮しようと努力することの大切さに気付かされました。この場合はクライアントを相手にした案件でしたが、社内のミーティングにしても、資料作成のタスク一つにしても、「目的は何か?」、「目的を踏まえたうえで私はどう行動するのか?」と考えるようにもなりました。

”フロントディールに合わないのは、 どんな人だと思いますか” 

廣本:業務に対して受動的な人です。
完全な指示がないと行動に移せないという方にはあまりおすすめできません。反対に既存のやり方に疑問や意見を持ち、自ら行動に移せる方、そこに面白さを見出せる方が向いていると思います。

新卒社員

大木:組織や仕組みをつくっていくことよりも、出来上がった仕組みに乗っ取って仕事をすることの方が自身に合っていると感じる方は、フロントディールでの働き方を苦手だと感じるかもしれません。決まったやり方や型にとらわれず、自由な発想で仕組みをつくっていきたい!と感じる方の方が、向いていると思います!

新卒社員

就活生のみなさんへ 送るエール

廣本:自分だけの軸をもっていてほしいです。就活をしていると様々な情報が耳に入ってきて、本当に自分がやりたいことと、親や周りの友達、世間一般の意見に流されて出した答えが混同してしまうことがあります。そんな時は誰かに意見を求める前に、まずは一人で自分と向き合う時間をつくってみてください。たとえやりたいことが明確でなくても、自分はどんな環境におかれたらワクワクして、どんな人達に囲まれていたいのかを深く考えることで自分の価値観を知ることができますよ。妥協せず、自分らしい就活をしてみてくださいね!

大木:就活中は、何十、何百という数の会社に出会うと思います。その出会いの中で、自分の考えが変わったり状況が変わったり、様々な気持ちの変化があると思います。その中でも、「なぜ働くのか」、「人生で大切にしていることは何か」の根本的な軸の部分を大切にしてほしいと思います。自分のやりたいことや情熱をささげたいことに自信を持って、それを大切にしてください。

新卒社員

大木、廣本

みなさんが笑って就職活動を終えられることを願ってます。
悔いのないよう、がんばってください!

一覧ページへ戻る